美容皮膚科医療体験クチコミアドバイス

アクセスカウンタ

zoom RSS にきび漢方薬その1

<<   作成日時 : 2008/06/24 09:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

にきびで悩んだことのある人はスキンケア、食事、生活習慣の見直しが必要な場合が多いのですが、体質改善のために漢方薬を試してみるのもひとつの方法です。

実は、医学部では漢方薬について学ぶことはほとんどありません。
学生時代、教科書に漢方薬についての記載はなく、
一部の医師(漢方薬に興味のある医師)が自発的に実際の診療で用いるもの、
というイメージがありした。
もちろん、国家試験にも漢方薬の使い方についての問題は一題も出題されません。
元々日本はドイツや欧米から入ってきた医学を基礎にしているため、
中国を起源とした漢方薬は「少し異質なもの」として考えられているのでしょう。

エストロゲンゲルについての体験記でも書きましたが、私自身がにきびに悩んでいたことがあり
数年間、体質改善のために漢方薬を飲んでいました。

にきびに対して、一般的に病院で処方される薬は抗生物質です。
これはにきび菌を殺す薬。しかし、長期的に内服することは体にも負担がありますし、
また、耐性菌の問題などもありますからできれば避けたい。
安心して長期的に飲み続けられるという点で漢方薬を試したのがきっかけです。

まず、口周囲の大人にきび(アダルトにきび)に効果がある、当帰芍薬散 (トウキシャクヤクサン )。
このタイプのにきびのできる人は、そのほとんどの人で、冷え性、肩こり、生理痛や月経不順があり
生理前に特ににきびの悪化が見られるという共通点があります。

また、冷え症で、冷えによって手足がむくむ症状もあったため
桂枝茯苓丸加ヨク苡仁 (ケイシブクリョウガンカヨクイニン)も併用しました。
ケイシというのは、ニッキ(シナモン)のことで、味にかなりクセがあります。
慣れるまで、ちょっとオエっとしながら飲んでいましたが、
不思議なことに、効果が現れてにきびができにくくなってくるとおいしく感じるものです。

この2種類の薬は、ブレンドしてある成分が同じ系統の生薬なので一緒に内服することができます。
1日3回飲み始めて2週間ほどで、にきびができにくくなってきたのを実感しました。
また、そういえば、生理痛や月経前にイライラすることもなく、肩こりも軽くなっていました。
その後、妊娠・出産を経て体質が変わったのか(ツラの皮が厚くなった?)にきびもできなくなりましたが、子供を妊娠するまでは時々にきびで悩まされていたので続けていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パールスキン
口コミ・評判で人気のパールスキン。人工皮膚から生まれた美肌スキンケア! ...続きを見る
パールスキン
2008/06/26 09:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にきび漢方薬その1 美容皮膚科医療体験クチコミアドバイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる